内装デザインを決めるにはターゲットが大事!女性をターゲットに営業するには

レストランの内装デザインは、女性をターゲットとして営業をしたいと思いますので、かわいらしいデザインで女性が入りやすそうなおしゃれな感じにしてみたいです。

居抜き物件であれば一から作るのと違い、形はそのままでお客様が利用する所だけを改装すればいいので、予算も安く済むと思います。店舗内装にもお金をかからないようにするなら、看板は変えてキッチンやトイレ、自動ドアはそのまま使えます。前の方が利用していたテーブルや椅子はお気に入りのレストランとは違うようになりますので、集客を見込めるようにするならば、壁やカウンター、テーブルや椅子は変えて店舗内装をすることです。

立地条件のいい所であれば、なるべく通りがかりの方が目に入るような目立つ看板にすることで、ちょっと入ってみようと思うはずです。空間が狭ければ広々とした空間にするために鏡を壁に貼ることで広く見せることができます。女性も化粧をすることが必須なので、近くに鏡があることで身だしなみも整えやすくなります。

女性をターゲットにしてますが、男性にも利用してもらいたいので、壁の色をピンク色や花柄などにすると男性も入りにくいので、白系を入れた壁にすることでカップルで入店されることも望んでます。そのため、テーブルは固定せずに移動できるようにすることで、テーブルをくっつけることで女子会も行うことができます。単色にすると圧迫感を感じてしまうので、単色は避けるべきです。

店舗内装は女性の意見を入れて完成させると女性目線で考えられた内装になります。テーブルや椅子は白系にすることで清潔感を感じられます。デザインを考える際にはスケッチブックに完成図として作成してみると完成した時の感じがわかります。お食事をする所なので、できるなら天井を高いと匂いもこもらないで済みます。

店舗内装を決める時には、ターゲットを決めてからはじめないと、まとまりの悪い内装になってしまいます。店舗内装はお店の繁盛の良し悪しが決まってしまうので慎重に考えることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です