非日常感を感じる店舗内装。わたしのお気に入りのイタリアンレストラン

私のお気に入りのレストランは、美味しいイタリアンのお店です。様々なイタリアンに行くのですが、どのレストランに入っても、店舗内装のデザインがとてもお洒落だなと感じることが多いです。

イタリアンと一言で言っても様々な種類に分けられていて、北エリアの場合には乳製品やバターを多く使用している物が多いので、ドリアやラザニアなどが多いようです。中部の場合には肉料理がメインで快適な料理を味わうことができます。南部ではピザやパスタがメインで、魚料理も多く提供されています。日本ではパスタやピザなどが馴染みがあるかもしれませんが、このようなことから店舗内装デザインはナポリをイメージさせる海の魚や、フレッシュな野菜を提供するにふさわしい空間であることが多いです。

その中でも特に私が気に入っているレストランは、やはりおしゃれな印象を抱かせるような設計が施されています。私は普段は普通の日本の家に住んでいますが、このようなレストランに入ると、洗練された垢抜けた印象や、非日常感を感じられる空間を味わうことができます。特にヨーロッパやアメリカなどの欧州的なテイストを網羅された建物や部屋などは、これに該当します。このような場所に行くことで気持ちが高鳴ったり、気持ちが盛り上がることもあります。このような印象こそがおしゃれと表現されるのだと感じます。

私が気に入っているレストランでは、イタリアの国旗を装飾に使用したり、イタリアに実際に建っている建築物をイメージした造りになっている、そして開放感を感じさせて気軽に入店できる雰囲気が印象的です。どちらかと言うと高級感がある印象よりも、気軽に利用できるようなカジュアルさがありながらも、おしゃれな空間が演出されています。このようなレストランに入ると、おしゃれだなという雰囲気をすぐに味わうことができますが、経営者にとっては、このような思いを顧客に抱かせるために、様々なアイデアを出して検討を重ねていったのだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です