コンセプトを明確にすることが店舗内装には重要!私のお気に入りのフレンチレストラン

私のお気に入りのレストランは、広尾駅から徒歩5分ほどの場所にあるフレンチレストランです。このレストランはミシュラン一つ星も獲得している一流のフレンチレストランで、味はもちろんのことを、その店舗内装も非常にお洒落で気に入っています。

重厚感のある扉から始まり、扉を開けると、グレーで統一された空間が広がります。その空間と溶け合うかのような料理も非常に見た目にインパクトがあり、繊細な味に魅了されてしまいます。メニューはランチ、ディナーともにコースのみとなっていて、料理と店舗内装空間を同期させるかのようなオリジナルの観点で料理が作られていて、インパクトとおいしさに驚きます。店舗内装はグレーのカラーで統一されていて、つつまれるような雰囲気もあります。テーブルや壁紙だけではなく、スタッフの服装もグレーで統一されていて、すべてが溶け合うようです。

私は専門家ではないので、このような店舗内装には詳しくないのですが、私の気に入っているこのレストランは、この店がどのような店を目指しているのか、どのような人に利用して欲しいのか、またどんなシチュエーションで利用してもらいたいのかというコンセプトが明確になっているようです。フレンチレストランといってもアレンジの幅が広いので、やはりこのようなコンセプト設計はとても重要になるのではないでしょうか。あらゆるジャンルの人たちに利用してもらうための内装デザインを選ぶと、結局のところはコンセプトが不明確になってしまい、最終的には誰からも選ばれなくなってしまうかもしれません。

このようなことから、やはりペルソナをしっかりと定義した上で、その実現のために内装づくりを行うことは重要なのだと感じます。また座席の配置も非常に重要なのではないかと感じます。立地や中心となる顧客の属性に合わせて効率よく席が配置されていなければ、回転率が下がったり、狭い席に案内されるとストレスにもなってしまいます。効率の良さも追求しながら、無駄のないサービスが提供できる店舗内装です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です