洋風の落ち着く店舗内装がお気に入りの美容室

レンガ壁を取り入れた店舗内装が特徴的な美容院をよく利用しています。その美容院は茶色と黒の2色を基調としており、壁や床、テーブルは茶色で、椅子や棚は黒でまとめられていることが特徴です。レンガはガーデニングハウスなどの外壁に用いられるものというイメージが強かったので、店内の壁がレンガになっていることはかなり衝撃的でした。同じレンガが積み重ねられているようなデザインではなく、赤みがかった茶色のところどころに白が感じられるレンガがランダムに重ねられているデザインであったことも良かったです。

床は木製でしたがダークブラウンが壁の色合いともマッチしていました。美容院なので座席には鏡が取りつけられていますが、鏡の周りに壁と親和性が高い淡い茶色の木枠がついていたことも素敵だと感じた部分です。ライトは天井にダウンライトが埋め込まれており、照明器具が主張しないのでスタイリッシュなイメージがありました。

取り入れられているインテリア用品も雰囲気に合う魅力的なものであり、特に大きな観葉植物は店内のテイストとよく合っていました。席移動の邪魔にならない位置に存在感のある観葉植物がいくつか配置されていますが、レンガの鉢と葉っぱの濃い緑が素敵だと感じます。

あとは、カットが始まる前に待つ場所も素敵な仕上がりだったと思っています。最初に来店したときは初回カウンセリングのため、2回目以降も早く到着したときにも待合スペースを利用することができましたが、そこは自宅のリビングのような落ち着くデザインとなっていました。ダークブラウンの木製ローテーブルと布製のスツールが用意されており、手を伸ばせば届く範囲に木製のマガジンラックも配置されているのです。レンガが特徴的な美容院は、全体的にオシャレさが感じられる内容ですし、便利かつ過ごしやすい内容であることも魅力的だと感じています。洋風の素敵な落ち着く内装で、お気に入りの美容室です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です