他人の目が気にならない、リラックスのできる店舗内装がお気に入りの美容院

私のお気に入りの美容院は、自然の木や緑のイメージで構成されたお店です。田舎の山の中にあり、店舗の外装も木が露出していて温かい感じなので、お店の中に入っても違和感なく、落ち着けるので大好きです。私が美容院を利用するときは、みんなから見られたいとか美容院の中で輝きたいという思いは無く、リラックスしたいですとか癒されたいという思いが大きいです、あまりにも白と黒だけで統一されているようなモダンなイメージの店舗内装だと、圧迫感を感じたり頑張らなければいけないと、追いつめられるような思いがしてしまいます。

内装の詳細ですが、まず入り口のドアは木の板でつくられており、入ると「チリンチリン」と鈴の音がします。受付や支払いをするカウンターも木製で、触っても気持ちのいい感じがします。壁はクリーム色でざらざらした触感で、ところどころ柱の木が露出しています。それがちょうどよく調和していて、だらしない印象を全く受けないのが良いデザインだと感じました。

椅子はさすがに木製ではありませんが、布か革でできており、ふかふかして気持ちが良いです。シャンプーは個室になっており、シャンプー台は高価なタイプのものらしく、体ごと倒れるので首が痛くなりません。シャンプー部屋では散髪する部屋とは違うオルゴールの音楽がかかっており、少し薄暗くなっているので、シャンプーされながら寝てしまうこともあります。

デザインで最も気に入っている場所は、やはり散髪するところで、鏡が一人に対して本人しか映らないような配置になっているので、他の人が鏡の端など視界に入らず、他人の目を気にせず済みます。鏡の途中に台が壁から出ており、そこに雑誌を置いてもらえるのですが、カラーやパーマの待ち時間に読んでも疲れないように、ひざの上に乗せるクッションも貸し出されます。そのクッションカバーも、イランのギャッベで作られたもので、高級感とナチュラルなイメージが混在していて好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です