お酒を飲む空間ではできる限り照明を抑えて!居心地の悪いバーの特徴

居心地の悪いバーの特徴は、店舗内装のデザインがしっくりこない点や店舗サービスが悪い点です。ただ店舗内装やデザインに関しては多少は我慢できますが、サービスが悪ければ最悪になります。
先日、訪問したバーで居心地の悪いバーが存在しまして、まず店舗内装面では照明が明るすぎる点です。デザイン的に装飾をこらしている点がありましたが、照明が輝き過ぎてお酒を飲む空間としてはどうかと思う点があります。できる限り照明を抑えながら、最低限度の照明を実現することが望ましいと思います。また歩くときにテーブルの角にぶつけるなどの空間に余裕のない居酒屋もNGで、狭いバーはそれだけで居心地が悪く致命的です。その理由に関しては、アルコールを飲むと足元がふらついて状態になるため、テーブルや椅子にぶつかるなどしやすくなります。実際に多くの方がテーブルや椅子にぶつかって転倒しそうになったり、転倒した事実を見たりすることも多いです。

他にも禁煙を実現できていないため、空間が煙に覆われすぎで空気が悪い点もあり、換気設備を充実させていない点は居心地が悪かったです。なお店員のサービスの面では、上から目線で立ったまま、オーダーを聞くことはまずいと思います。なるべく低い体勢で聞くことが優れているため、先日訪問したバーはスタッフの教育がなっていなく、居心地が悪く感じられました。