居心地のよい美容院を語る

私が思う居心地のよい美容院というのはなかなかないです。例えば、店舗内装は最近の流行りは外が見えるようになっているところが多いです。しかし、私としてはあまり切っているところを外の人に見られたくないという気持ちがあるので、なるべく内側にむいている方が気持ち的に落ち着きます。また、シャンプーなどをする洗面台がおいてある部屋はなるべく暗いほうがいいです。シャンプーをしている時間は一番リラックスするのが出来る時間なので、眠るときと同じような環境のほうが落ち着けて良いと思います。

デザインとしてはやはり暖色系が使ってあったほうがいいでしょう。寒色系だと冷たい感じがして美容師の方に対して冷たい印象を受けてしまいます。

サービスは居心地のよい美容院を語る上で一番注目しているところです。美容師とよく話す人が結構いますが、私としてはあまりおしゃべりはしたくないので事前に話したいのか話したくないのかはアンケートなどで聞いておいてもらうと嬉しい。話すとしてもこちらの身の上話を根掘り葉掘り聞かないで欲しいと思います。それと、読める雑誌についてはいろいろな趣味を持っている人に対応できるようにジャンルを揃えてほしいです。