ゆっくりとした時間が流れる空間

休日に家族や友人と良く行くレストランは、店舗内装が白と薄いブルーを基調にしたストライブの壁と、天井が高く広く見せるためのデザインがされていて、ゆっくりとした時間の中でなかで会話を楽しみながら食事が出来ます。多分ですが、店舗設計の基本はアメリカ中西部の町中にあるレストランをイメージして店舗内装やデザインがされています。

レストランは、キッチンが客席から見えるように配置されてコックさんが料理を作っているのを見ることも出来るので、フランベした時の炎を見たり、フライパンを振っている姿を見ると、エンターテイメント性も感じます。

客席は、2人用から8人用のテーブル席が用意され普通のレストランのテーブルより広くゆったりとして、客先の間隔も広く取って有るので、他の方がいても気にならないようになっています。

メニューは、日替わりのランチとディナーがメインでどちらもコースになっていますが、アラカルトのメニューも多く、量も多いので、みんなでシェアして食べるようになっています。
レストランが海岸に面しているので、店舗設計の時に夕日がレストランのテラス席に差し込むようにデザインされサンセットの頃に行けば最高です。
ただその時間に予約を取れないのが残念に感じていますが、最高にオシャレなレストランです。