人との距離を縮める店舗設計

私はお酒を飲むことが好きなので、毎日のように居酒屋に行くことがあります。その中でもオシャレなバーに行くことが多いです。

バーを決めるポイントとしては、店舗内装やデザイン性を見てから決めることが多いです。
カウンターバーしかないところでもよく、椅子との距離が近いところの場合には話しやすい環境になりやすいです。

居酒屋の中でもバーを選ぶ理由としては、美味しい飲み物があるだけでなくトークが楽しめるのも良いです。
オシャレなバーは女性と行くのにも適していて、気軽に誘うことも可能です。
その他にも友だちと話すときにもバーは使いやすく、自分の居場所としても使っています。
バーは薄暗い雰囲気になっているので異性との距離も近づきやすくなっているため、仲良くなりやすいのも特徴です。

店舗内装のデザインも綺麗にしているので、店舗設計が多少小さなものでも問題はありません。
デザインが綺麗なだけでなく、中にある椅子や小物なども多くあるところが良いです。
バーは居酒屋の中でも小さなところが多いのですが、デザイン性も豊かなところであれば狭さを感じることもありません。
店舗設計についても外観が綺麗な場合には中に入りやすいので重要視しています。