白樺の木と木目を生かしたデザイン

勤めている会社から近いビルにあるバーの店舗内装が、白樺の木と木目を生かしたデザインの明るい雰囲気で気に入っています。

他と違うのは、1階と地下1階に分かれていて、地下1階はバーカンターと背の高いスツールが11席ありバーテンダーがお客さんの前でカクテルやシングルモルトのウィスキーを提供しますが、1階の席は円形に客席とテーブルが並べられていて、地下1階のバーテンダーを見下ろすようになっています。

1階からお酒をオーダーするときは、テーブルにあるメモにお酒の名前かいて近くにいる店員さんに渡すと、ガラスでできたトレーがエレベーターのように上下する仕組みになっていて、オーダーがバーテンダーに伝わり、出来たお酒がトレーに乗り上がってきます。

店舗内装は、円形の1階と地下1階が吹き抜けになっているデザインで、ガラスのトレーが上下するのは見ていて楽しいデザインです。

地下に1階は、1人で来るお客さんが多く、1階はカップルやグループで来るお客さん用に店舗内装されています。

両方とも行っていますが、1人の時はバーテンダーと会話しながら好きなシングルモルトのウィスキーを注文し、中の良い女性と飲むときは、テーブル席を利用しています。