ライトを使った内装がお気に入り!15年以上通う私のお気に入りのバー

私にはお気に入りのバーがあり、既に15年以上通い続けているお店があります。

店舗内装は入り口のドアがゴージャスで、木製ドアですが装飾がかなり施されていて、尚且つドアハンドルは豪華絢爛なイメージの金属製です。入口のドアを開けるとカウンター席があり、座席数は15席程度、その背面にはボックス席を4つ用意しているバーです。私の場合はカウンター席で飲むことが殆どで、1人で出掛けるのでお店のスタッフと対面で飲むということがいつものパターンです。

店舗内装で気に入っていることは、カウンターの背面には6段で横幅も広い什器があり、その什器には店内で提供可能なアルコールのボトルが並んでいます。目立つように天井からライトを当てているのですが、これがかなり見ごたえがあり非常に気に入ってます。カウンター席にはそれぞれ注文したグラスを置く位置が原則として決まっていて、その理由にはテーブルの天板内に照明器具が設置されていて、小さな穴から明かりが照らされています。この明かりによってグラスが下から照らされ、綺麗な見栄えを保つという店舗内装です。

デザインで気に入っていることは店内は暗めのカラーのタイルが張られていることと、スタッフとカウンター席の距離が微妙に近いこと、ボックス席に使用しているソファーのデザインが豪華なことも挙げられます。