上手な店舗設計

髪型を整えるだけでなく、気持ちをリフレッシュしたいときに美容院に行くようにしています。

行きつけの美容院の店舗内装はシンプルなデザインで落ち着くところが気に入っています。比較的大きな美容院で美容師が複数在籍している場合は、座席が壁側に向いて鏡越しに他の人の姿が自然と目に入ってきます。しかしそれは美容院でリラックスをしているときに結構気になることで、自分も相手を見てしまったり見られてしまうことで落ち着きません。

でもお気に入りの美容院では店舗設計が上手に行われていて、店舗中央に透明なアクリル板が設置されています。しかもアクリル板は腰より下の位置にモザイクがかかっているのでお客同士が鏡越しでも見られないようになっています。一方で美容師が立って作業をするので、その目の位置は透明なので見通せるようになっているところが魅力です。透明なので天井からの太陽の光も店舗全体を照らすので、夕方までライトをつけなくても明るくなっています。

床材は木のぬくもりが感じられるものになっていて、さりげなく観葉植物が配置されているので温かくて落ち着いた雰囲気になるところが癒されます。

よく美容院ではシャンプーなども販売していますが、それらも棚下に収納されているので目立たず、パーマをあてるための機械も収納できるようになっているので全体的にすっきり広々したようになっているので心地よさを感じます。