流行を追う

おしゃれだなと感じる美容室に関しては、古い感じがしてしまうとそう思うことは一切ないような気がします。おしゃれというとやはり流行を追うものなので、古いと言うならそれはおしゃれじゃないからです。また、美容室は結構衛生も大事だと思うのですが、店舗内装や使っている機器類の感じが古臭いと、本当にそこは大丈夫かなと考えてしまうのです。それは、古びているということが時間を経過させているままということで、衛生という観点から言えば放っておいたらマズそうなものをそのままにしていることを連想してしまうからなのでしょう。

逆に、店舗設計などは普通のオフィスのような感じでいいんだろうと思われます。そこを凝らなくても全然よい気分というのは生まれます。その上で、壁紙のデザインなどを凝っていたり、色彩感覚を大事にしていたりするとそれはおしゃれなところなのではないでしょうか。観葉植物などがたっぷりめに置いてあるのも私は好きです。

また、音楽が適度な大きさで鳴っているのも素敵です。美容室はリラックスしていられるととてもよく、そのための役割を果たしてくれるからです。そしてそのようなとき、選曲をどうするかにはそこの店長さんなり店員さんなりのセンスが表れるもので、そこがいいとおしゃれさに拍車がかかるかもしれません。