レトロな雰囲気を出す店舗内装

かつて恵比寿のおしゃれなレストランでディナーをしました。

テナントが複合した雑居ビルのような建物の1階部分で、天井と壁がスケルトンのモルタルが露出したアンティークな店舗設計で、フローリング材は無垢板を使用してバーナーで焼いて、あえてレトロな雰囲気を出す店舗内装がお洒落でした。特別なデザインを持たず、照明は昭和をイメージさせる裸電球やシャンデリアで、露出配線や露出配管が昭和レトロ感をさらにアップさせていました。
モルタルの壁には、あえてクロスを貼らずに、古びた感じに塗装が施され、ヒビや崩れた感じのアートが描かれていました。
仕切りの無い大きなフロアにアンティークなテーブルと革製のソファーをそれぞれ配置した、内装デザインにマッチした、家具がとても印象的でした。ディスプレーグリーンや絵画の額、レジカウンター周りのインテリアなどもあえてレトロな雰囲気のものが配置され、多彩な料理でエンターテイメントディナーとなりました。

一般的にレストランの内装工事は、大きな費用が掛かるように思いますが、以前レストランとして使用されたお店の居抜き店舗を改造してアンティークなデザインに店舗設計したことをお店の人に聞きました。